ボード工事

■スピーディで確実・丁寧な施工

ボード工事とは、壁や天井の下地となる部分を作る工事を指します。
壁や天井のクロス張りや塗装を行なう前に、軽天の上にボードを張りつけていく工法で、現在ではほとんどの建物でこの工法を採用。

当社は、住宅・マンション・オフィスやビル・大型商業施設・プラントなど、今までに数多くの工事実績があるため、どのような建物にも確実に対応できることが強みの一つ。
今までの経験を活かし、ボード工事の大切な作業である点検口・照明・スピーカーなどの設置のために必要な開口作業も、プロの施工で美しく仕上げます。

また、職人同士のコミュニケーションを大切にしている当社では、団結力が非常に強くスピーディに施工を進めることが可能。
このように、柔軟な対応力・技術力・団結力が合わさって、クオリティの高い施工を実現できております。
現地調査に関しては、現場経験豊富な代表が行いますので安心してお任せください!

 

■「施工箇所=見た目」直張りタイプの天井板

商業施設やオフィスの天井でよく使われている素材は、「ジプトーン」や「ケイカル板」など。
これらは、ビスを使って軽天下地に留めつけるタイプの天井板ですので、施工箇所がそのまま見た目に影響するということ。

長谷companyでは、軽天工事の構造を熟知した職人がビスを開ける位置一つひとつ細部に至るまでこだわり、仕上がりの美しさに自信をもってお届けしております。

 

■ボード工事の特徴

○高い加工性・施工性
ボードは軽量で切断や加工が容易。
施工箇所によって柔軟に対応しやすいのが特徴です。

○高い防音・遮音性
マンションやオフィス・ビルなどで隣の部屋への音漏れを防止。
隣人トラブル・機密の漏洩防止など、様々なメリットがあります。

○耐アレルギー性能に優れる
調湿やホルムアルデヒド低減などの機能を備えており、結露やカビの発生を抑えることができます。

【代表直通】090-6248-4545
【FAX】06-7173-4345
【受付時間】8:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大阪市を中心に関西一円

一覧ページに戻る