GL工事

■建物に適切な施工法をご提案いたします

コンクリートの表面に石膏ボードを張りつける工事をGL工事と呼びます。

石膏ボードの張り付けには、GLボンドと呼ばれる石膏で出来た丸めたダンゴ状の接着材を使用。
張りつける際に圧力をかけることで、強い接着力を発揮します。

通常、ボードは軽量鉄骨で作った骨組みの上に張るのですが、GL工事の場合はコンクリートに直接張りつけるため、お部屋の空間を広く取りたい時などに役立つとういうこと。

また、コンクリート面に凹凸がある場合も、下地調整なしで施工できるといったメリットがあり、比較的短期間かつ低コストで施工を行うことが可能です。

一方、室内外温度の差が大きいビルの北側など、壁面に表面結露ができやすい場所ではGL工事に適さない場合もありますので、あらかじめ現場を確認して目的や場所に応じて適切な工事を選択する必要があります。

当社では、現場経験豊富な代表が現地調査を行いますので、建物の特徴に合わせて軽天・ボード工事とどちらが適しているか、お客様に最適なご提案をすることをお約束いたします。

 

■GL工事のメリットとデメリット

○メリット
【下地の調整や軽天工事が不要】
下地を必要とする通常のボード工事と違って、改めて下地をつくる必要がありません。
さらにコンクリート面に多少の凹凸があっても、ボードを圧着する際の調整で、壁面を美しく平らに仕上げることが可能。
軽天工事や下地調整の工程を省けるため、スピーディーな施工が実現します。

【コストダウンと工期短縮が可能】
GL工事では下地づくりが必要ない分、工程が簡素化され、人件費や材料費を削減することが可能。
そのため工期の短縮や工事費用を抑えたいお客様に人気が高く、多くの建物に採用されています。

【施工後に面積を広く取れる】
鉄骨の下地がなくなる分、壁厚が薄くなりお部屋の面積を広くとることが可能です。
そのため、空間を少しでも広く取りたい賃貸マンションや事務所などにはオススメの施工法。
また、複雑な形状をした壁の施工に対応できるのもメリットの一つです。

×デメリット
【湿気に弱い】
石膏でできた接着材を使用しているため、湿気が弱点。
湿気の多い地下や浴室、室内外の温度差が激しい北向きの建物での使用は向いていません。

【遮音性能が低い】
遮音性能が低いため、住宅などの一般的な建築物にはあまり使用されていません。
遮音性能を求める方には軽天・ボード工事をオススメします。

【代表直通】090-6248-4545
【FAX】06-7173-4345
【受付時間】8:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大阪市を中心に関西一円

一覧ページに戻る